ネイリストとして友人が輝いている

私は大学時代に体育会系のサークルに入っていました。男勝りで外見もボーイッシュな感じの女の子が多く集まっていたのですが、そこに一人だけとても女子力の高い子がいました。特にネイルとお化粧が上手なお洒落な子でした。

 

サークル中は当然服装はスポーツウエアでしたし髪もまとめていました。そして怪我をしないために爪も短くしていましたが、その爪にはとても綺麗なネイルを自分でほどこしていました。

 

それがとても華やいでみえましたし「ネイルするだけでこんなにも女性の印象を変えるんだな」と感激したのです。そして友人は私の爪にもネイルをしてくれたのですが、その時のウキウキとした幸せな気分は忘れられません。卒業後に友人は化粧品メーカーで働きながらネイルの勉強を重ね、ネイル 資格を取得し、今は退職してネイルサロンを経営しています。

 

同年代の女性が子育てでどんどんお洒落を忘れていくなか、ネイリストになった彼女は子育てをしながらも華やかさを失わずにいて本当に素敵に輝いています。